株の自動売買の方が投資信託より優れている点

金融会社によっては、株式取引の自動システムがあります。システムに売買を代行してもらう事になりますが、利回りにメリットを感じている方も多いです。投資信託よりもメリットが大きいという声もあります。

投資信託に似ている株の自動売買

投資信託は、専門家にお金の運用を任せることになります。投資家が、自分で取引を行う訳ではありません。それだけに、深い知識は不要というメリットがあります。
専門家に運用を任せる訳であり、自分が取引システムで売買する訳ではありません。自分の判断で取引する必要はないので、とても楽であると評価されている事もあります。自分で取引する必要がない以上、それほど専門的な知識が求められる訳ではありません。
また専門家の運用が順調であれば、大きなお金を稼ぐ事も可能です。銀行ではなかなかお金が増えないので、投資信託を検討している方も少なくありません。
株の自動売買も、ある意味それと似たシステムになります。金融会社が提供している自動システムで、株の運用を代行してもらう訳です。システムは慎重に選ぶ必要がありますが、投資信託のように売買を代行してもらう事はできます。

自動システムと利回りのメリット

ところで株の自動売買は、投資信託よりはメリットが大きいという声も多いですが、その理由の1つは利益率です。
確かに投資信託でも利益が発生する事はありますが、利回りはそれほど高くはありません。投資信託の商品によって異なりますが、年利5%程度になっている事が多いです。
ですがシステムによる自動売買の場合、年利10%を超える可能性も秘めています。投資信託とは別の手法で売買していきますから、利益率も期待できるのです。システムによっては20%を超えている事もあります。
ただし、自動売買も完璧ではありません。株価が暴落すれば損失が生じる事もありますから、売買システムは慎重に選ぶ必要があります。

株の自動売買と手数料

ところで投資信託という商品には、色々な手数料があります。例えば販売手数料です。指定の商品を買う時には、金融会社にお金を払わなければなりません。また途中解約する時にも、手数料がかかってしまいます。1%や2%ぐらいの手数料は、決して軽視できません。
株の自動売買でも、手数料はかかります。システムに取引してもらう時は手数料は支払いますが、投資信託ほど多くの手数料は発生しません。売買コストは低めなので、投資信託よりはメリットが大きいという声も多いです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です