海外業者で長期取引する注意点と口座維持費

FXの取引をするなら、選択肢は2つあります。海外もしくは国内の業者です。最近では、前者の海外の業者に注目している方も増えています。ただ長期的に取引したいなら、やはり国内業者にする方が良いでしょう。口座維持費の問題があるからです。

海外の業者で口座を保有する際の口座維持費

国内に拠点があるFX業者の場合、多くのサービスを無料で利用できます。取引に関する手数料を除いて、殆どは無料で利用できるのです。
海外の業者の場合は、そうでないケースが多々あります。日本と海外ではルールが色々異なりますから、注意が必要です。
例えば口座維持費という手数料があります。口座を保有しているだけで、お金が徴収されてしまう訳です。
口座維持費は、ある意味家賃のような手数料になります。賃貸物件の契約をし続けている限りは、ずっと家賃は徴収されてしまうでしょう。その家賃を節約したいと思っている方も、少なくありません。
それで海外業者の場合、その家賃のような維持費が徴収されるケースは、意外と多いです。ただ、「必ず」維持費が徴収される訳ではなく、取引頻度に左右されます。取引する回数が少ないと、半強制的に維持費が徴収されますから、注意が必要です。

スワップの長期売買は維持費用に注意

ところでFXには色々な取引スタイルがあって、人によっては長期的に売買している事もあります。いわゆるスワップ目的の取引です。
スワップを目的にする場合は、取引の頻度は極めて少なくなります。状況次第ですが、1年に1回未満になるケースもよくあります。
ところで上記でも少々触れた通り、取引の頻度があまり多くないユーザーの場合は、維持費が徴収されてしまう訳です。ですからスワップ目的で取引していると、維持費を支払うケースも多々ありますから、注意が必要です。

なぜスワップ取引は国内業者の方が良いか

ところで上記で触れたような維持費が発生するのは、基本的には海外業者になります。FXの業者の拠点があるのは、もちろん海外だけではありません。日本国内にも沢山の業者があります。長期的に取引したいなら、やはり国内業者の口座を活用する方が良いでしょう。
幸いにも国内に拠点があるFX業者の場合、大抵は維持費はかかりません。例外的に、外資系のFX業者であれば、維持費が発生する事はあります。ですが外資系のFX業者は、あまり多くありません。
ある意味、銀行と同じです。銀行の口座を保有している分には、維持費はかからないでしょう。国内FXの業者も、基本的には維持費は無料なのです。ですからスワップ目的で取引したいなら、国内業者が推奨されます。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です