複数の仮想通貨に分散するリスク対策

仮想通貨には、実に色々な種類があります。ビットコインなどは有名ですが、その他にも沢山のコインが存在します。人によっては、その複数のコインを活用する分散投資を検討している事もあります。

複数のコインに資産を分散してリスク回避

資産を1ヶ所に集中すると、ややリスクが大きくなるという考え方があります。集中先の状況が危うくなった時などは、資産が大きく減ってしまう可能性があるからです。その場合、資産の分散も検討してみる方が良いでしょう。
例えば現在の自分の金融資産は200万円の場合、全てのお金をビットコインだけに集中するのは、ややリスクが大きいという考え方があります。というのもコインの価格は、不動ではありません。状況に応じて価格が変動する性質があります。200万円全てをコインに投入していると、資産は数十万円ぐらいにまで激減してしまう可能性もある訳です。
それなら、他のコインに分散してみる選択肢もあります。例えば100万円分だけビットコインに使い、残り100万円を別のコインに分散しておく訳です。もしも前者のコインのレートが急落しても、後者のレートには影響が及ばないケースも多々あります。それなら損失額を100万円以下に抑えられる可能性があります。
ただしコインによっては、レートが連動している事もあります。相関関係が強いコインの場合、いわゆる「連れ安」の状態になってしまう事もありますから、注意が必要です。両方とも価格が下がってしまうようでは、少々困ります。

分散投資に便利な専用ツール

ところでコインは、数が非常に多いです。現時点では50種類以上存在しますから、その中から適切なコインを選ぶのも少々大変です。全てのコインのレートの状況を把握したくても、少々難しい事もあるでしょう。
その場合は、専用ツールを活用してみる方法もあります。幸いにも、仮想通貨に関する便利なツールは色々登場しています。複数のコインを全てカバーしている専用ツールもあるので、状況に応じて活用してみると良いでしょう。
専用ツールを使用すれば、あらゆるコインの情報を集めた上で、適切な売買を行ってもらう事ができます。いわゆる自動システムを使って、コインの売買を代行してくれる訳です。
売買を代行してくれるだけでも、非常に助かります。普段から忙しい方々は、なかなか取引する時間を確保できませんし、自動取引してくれるのは便利です。効率良く分散投資する為にも、専用ツールも使ってみると良いでしょう。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です